MENU

健康は腸内環境の改善から!善玉菌を増やすには?

最近胃腸の調子が悪くて朝が辛い…。便秘気味で肌の調子も悪いかも。それって腸内環境が悪いからかもしれません。

 

全ての健康の基本は腸内環境からと言っても過言ではありません。

 

腸内にはおよそ100種類、100兆もの細菌が住んでおり、顕微鏡で見るとその様子はまるで花畑のようであることから、「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

その全てが良い働きをしてくれるならいいのですが、いわゆる良い作用があるのが「善玉菌」、悪い作用があるのが「悪玉菌」と2つのタイプに分類されます。

 

善玉菌は腸内においてビタミンB郡やナイアシン、葉酸など美容や健康に欠かせない栄養素を作り出す他、コレステロールを抑えたり、整腸作用があるなど腸内環境を整えてくれる役割があります。

 

対して悪玉菌は毒性のある物質を作り出し体内に放出します。

 

例えばアンモニア、硫化水素や発ガン性物質など、そのまま放っておくと不味いと誰もが分かる物質です。

 

これら有害物質は便秘を引き起こしたり、体の免疫を低下させたり、太りやすくなったりと良い結果を1つももたらしません。

 

健康になりたいならまず善玉菌を増やすよう心掛ける生活にしないといけませんね。

 

では善玉菌を増やす生活とはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

善玉「菌」という程ですので、菌のエサになる栄養を積極的に取り入れるようにすれば良いのです。

 

善玉菌の代表格で知られるのは乳酸菌やビフィズス菌です。CMなどでもおなじみですね。

 

これらの栄養源となるのはオリゴ糖やグルコン酸です。これらを多く含む食材を摂取することで、腸内に善玉菌を増やす事ができるのです。

 

具体的には大豆やバナナ、リンゴ、ゴボウなどがそれにあたるので、朝の果物として取り入れたり、お味噌汁の具として豆腐やゴボウを入れるなどで対応すると良いかもしれません。

 

また、乳酸菌、ビフィズス菌そのものを摂取することも効果があります。

 

乳酸菌とビフィズス菌が多く含まれる食べ物と言えばヨーグルトや乳酸菌飲料が代表的です。日々の食事にこれらをプラスするだけでも善玉菌のエサを補給することができます。

 

他にもキムチ、味噌や納豆など発酵食品にも含まれています。ただ、塩分が多いので適度に食事に取り入れると良いですね。

 

そして一番大切なのはこの食生活を続ける事です。

 

善玉菌もエサとなる栄養源が続かなければ増えることができません。一朝一夕では健康になれないのです。

 

忙しく、食生活に気を使う事が難しければサプリメントがお勧めです。

 

自分の生活スタイルに合った栄養の摂り方を考えて、上手に善玉菌を増やしましょう。