MENU

善玉菌のチカラの成分と副作用と安全性

善玉菌のチカラ,成分

 

善玉菌のチカラは、小さなお子様からお年寄りの方でも安心して飲むことができるサプリメントですが、本当に安心して飲むことができるのか調べてみました。

 

先ず、フジッコが発見したカスピ海ヨーグルトに含まれているクレモリス菌FC株という乳酸菌が持っている強力な粘り成分は、生きて腸まで届く乳酸菌です。そのクレモリス菌FC株を生きた状態でカプセル化し、1粒に20億以上の乳酸菌を凝縮させています。

 

そのため、元々腸が弱い方や日頃から下痢気味の方が善玉菌のチカラを服用すると、お腹の調子が悪くなってしまう恐れがあります。不安な方は、量を減らして少しずつ体に慣らしていくとよいでしょう。飲む時は、カプセルを開けて水に溶かして飲むことも可能となっていますよ。

 

それから、善玉菌のチカラには、ホタテ由来のカルシウムが1粒に70mg配合されていますが、貝アレルギーの方は服用することでアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

 

他にも、海藻生まれの食物繊維アルギン酸カリウムもプラスされていますが、この成分にはコレステロール値を下げる効果の他に、高血圧を予防する効果がありますので、低血圧の方は気を付けて飲んだ方がよいでしょう。

 

それから、善玉菌のチカラには、乳酸菌を高濃度発酵する際に、乳酸菌の栄養として大豆由来の原料が使われていますので、大豆アレルギーの方は服用を控えましょう。

 

原料には、還元水あめ、乳酸菌原末、デキストリン、貝カルシウム、ショ糖脂肪酸エステル(豚ゼラチン)が含まれているように、ゼラチンアレルギーの方も飲んではいけません。ショ糖脂肪酸エステルも、大きな健康被害はないとされていますが、食品添加物です。妊娠中の方は、胎児への影響を考えて飲まない方が良いでしょう。

 

善玉菌のチカラは、合成保存料や合成着色料は使用されていませんが、妊娠中の方や、薬を服用中で通院中の方、食事制限をされている方は医師と相談のうえ服用しましょう。