MENU

善玉菌のチカラの使い方

善玉菌のチカラ,使い方

 

体の調子は腸内環境に関係してくると言う研究が発表されて腸内環境を良くしようと考えておられる方が多いでしょう。しかしなかなか生活習慣を変えることは難しいですし、まして体の見えない部分である腸の中を変化させるのは難しいと言えるでしょう。

 

しかし善玉菌のチカラを効果的に使うならば、腸内環境をより良いものにすることができて、それによって体全体も調子よくなるでしょう。

 

善玉菌のチカラを効果的に使うにはどうしたらいいのでしょうか?

 

善玉菌のチカラは薬ではありませんので、栄養補助剤としていつでも飲むことが出来ます。しかし一番効果を発揮しやすいのは食後と言われています。なぜでしょうか?

 

なぜなら食前や、お腹がすいているときには胃酸が胃から出ていますので、善玉菌の力のパワーを全部腸に届けることが出来ません。

 

もちろん食前やお腹がすいているときの飲んでも効果がまったくないわけではありませんが、せっかく善玉菌のチカラを飲むなら一番効果が出るときに飲みたいのです。

 

それで食事を食べた後で、胃から胃酸は出ているものの、その胃酸は食べた食物を分解するのに忙しい、そのときに善玉菌のチカラを摂取するのが一番良いでしょう。

 

善玉菌のチカラは一日にどのくらい摂取するのが良いのでしょうか?

 

善玉菌のチカラは非常に良質の乳酸菌ですから定期的に摂取して腸の調子を整えるのが最善でしょう。

 

一度に10粒飲むよりも定期的に腸にこの良質な乳酸菌を届ける必要があるので、たとえば朝食のあとと夕食のあとに摂取できるでしょう。そうするなら腸も定期的に乳酸菌を取ることが出来ますので、徐々に腸内環境が良くなっていくでしょう。

 

朝食を普段はとっていないという人はどうしたらよいのでしょうか?

 

お腹がすいているときや、胃に何もないときに善玉菌のチカラを入れるのは効果がありませんから、その場合は昼食まで待ってそのときに摂取できるでしょう。

 

その場合は昼食と夕食の後に善玉菌のチカラを摂取して定期的に善玉菌を送り届けられるでしょう。